MENU
cart
TOP > COMPANY
11COMPANY
11COMPANY
11企業情報

名称

Three Rivers株式会社


代表

三河 傑


所在地

〒844-0014 佐賀県西松浦郡有田町戸矢乙786-1


TEL

0955-43-5266 / 平日10時~17時



設立

2018年3月9日


資本金

100万円


事業内容

陶磁器製品製造・販売

11企業情報
名称 Three Rivers株式会社
代表 三河 傑
所在地 〒844-0014
佐賀県西松浦郡有田町戸矢乙786-1
TEL 0955-43-5266 / 平日10時~17時
MAIL 39@39arita.jp
設立 2018年3月9日
資本金 100万円
事業内容 陶磁器製品製造・販売

11工場
11セラフィルター
こだわり製法

実は浄水器にも使われているニューラセラミックス。セラフィルターはニューセラミックスを用い、多孔質に仕上げました。

水を通して含む、含んだ水を濾過して不純物を取り除いて水だけを出す「多孔質のフィルタ」です。

複数の原料を独自に配合、こだわり抜いて選んだのは有田の天然の井戸水。機械だけでは実現できなかった成形の調整の半分は人の手で。圧をかけ、窯で焼く時間もしっかり取って、手間をかけています。

セラフィルターができるまで

セラフィルターは多孔質のセラミック(陶磁器)です。
多孔質のセラミックは昔から有田焼の技術として製造されてきました。現在も工業製品として、浄水器のフィルタ、空気清浄機や車のマフラーのフィルタなど多岐にわたり使用されております。多孔質のセラミックは私達の身の回りで沢山使用されているのです。私達のセラフィルターは多孔質セラミックを応用し、最新の技術で製造しております。

セラフィルターは複数の原料を混ぜることから始まります。この配合がポイントです。まず、地元有田の天然の井戸水を入れながら土を作ります。土ができたら型に入れます。微妙な調整が必要なこの部分は人の手で。その後、機械によってしっかり圧をかけていきます。数日間乾燥した後、削りをかけて、形を整えます。

そしていよいよ窯入れ。数十時間という通常の倍の時間をかけて焼くのは、強度を持たせるためです。出来上がったセラフィルターは箱詰めされた後、お客様の元へ。原料から製品になるまでを全て自社工場で。詰まりにくく、強度のあるフィルタを作っています。
Made in aritaをお届けいたします。

11こだわり製法
11工場
11セラフィルター
こだわり製法

実は浄水器にも使われているニューラセラミックス。セラフィルターはニューセラミックスを用い、多孔質に仕上げました。

水を通して含む、含んだ水を濾過して不純物を取り除いて水だけを出す「多孔質のフィルタ」です。

複数の原料を独自に配合、こだわり抜いて選んだのは有田の天然の井戸水。機械だけでは実現できなかった成形の調整の半分は人の手で。圧をかけ、窯で焼く時間もしっかり取って、手間をかけています。

11こだわり製法
セラフィルターができるまで

セラフィルターは多孔質のセラミック(陶磁器)です。
多孔質のセラミックは昔から有田焼の技術として製造されてきました。現在も工業製品として、浄水器のフィルタ、空気清浄機や車のマフラーのフィルタなど多岐にわたり使用されております。多孔質のセラミックは私達の身の回りで沢山使用されているのです。私達のセラフィルターは多孔質セラミックを応用し、最新の技術で製造しております。

セラフィルターは複数の原料を混ぜることから始まります。この配合がポイントです。まず、地元有田の天然の井戸水を入れながら土を作ります。土ができたら型に入れます。微妙な調整が必要なこの部分は人の手で。その後、機械によってしっかり圧をかけていきます。数日間乾燥した後、削りをかけて、形を整えます。

そしていよいよ窯入れ。数十時間という通常の倍の時間をかけて焼くのは、強度を持たせるためです。出来上がったセラフィルターは箱詰めされた後、お客様の元へ。原料から製品になるまでを全て自社工場で。詰まりにくく、強度のあるフィルタを作っています。
Made in aritaをお届けいたします。

11代表メッセージ
11代表メッセージ

手間がかかる、今までにない手順がある。逆に今まで常識とされていた工程がない。そんな新しい製造方法は職人さんに嫌われてしまいます。専用の道具もない。だから誰もやらなかった。でも私達は世の中にまだないものを作りたい。苦労だって面白い!と取り組んできました。

歴史を紐解くと、良質の陶石を使えることから白く美しく、身分の高い人だけが手にすることができる陶器、それが有田焼でした。熟練の職人が手間と時間をかけ作陶。さらに高温で長い時間をかけて焼くことで割れにくく仕上がる。そのため大変に高価なものに。ただ普段使いしやすい素材がたくさん生まれた現代では、日常生活には合わない部分もあります。残念ながらお持ちでない方、ご興味を持たれない方も。伝統は大切ですが、絶えてしまっては元も子もありません。そんな有田焼を元気にするのも、私達の務めと考えます。

セラフィルターには有田焼伝統の技術が詰まっています。このフィルタをきっかけに多孔質の商品に力を入れて、世界に羽ばたくこれからの有田焼の商品を作りたいと考えています。

私達が辿り着いた、コーヒーの油を落とすのに最適な穴のサイズ。30年前のものは水道水に適したサイズだったこともわかりました。また数十ミクロン調整すれば、ワインにいい。穴の大きさで適した飲み物があることがわかったので、水・コーヒー・お酒に適した穴のサイズのフィルタを開発し、セットで販売する計画も進めています。

また、使い捨てのペーパーフィルターは即ゴミとなってしまいます。たくさん飲めばそれだけゴミが増えてしまう。セラフィルターなら繰り返し使えて環境に優しい。もし日本中、世界中のペーパーフィルターがセラフィルターになったなら。森林伐採、環境破壊、そして地球温暖化に歯止めがかかるかもしれない。今だけでなく未来の日本、世界、そして地球のためにも、セラフィルターを広めていきたいと考えています。

これから作ってみたい製品のアイディアはたくさんあります。多孔質の素材はこれから可能性がある素材と考えており、キッチン用品や食器などに応用していきます。

またバリスタの好みに合わせたフィルタを作って、美味しいコーヒーを世の中に広めるお手伝いもしてみたい。逆にコーヒーはちょっと苦手な方にこそ、セラフィルターで淹れたコーヒーを飲んでみていただきたいです。

手をかけて熟練の職人さんが丁寧に作る有田焼。高級品としてかしこまって使うだけではなく、日常生活の中でも活躍させたい。まだまだ新しい商品を誕生させたいと日々努めています。

有田焼の歴史は日本で初めて陶磁器の原料が見つかったことから。2016年で誕生から約400年を迎えました。美術品、食器などが皆様のイメージの「有田焼」だと思いますが、実は多孔質のセラミック製造の技術は昔から続いている有田焼の技術です。工業用製品としても多岐に渡っているのです。

実は30年前から有田焼のコーヒーフィルターは存在していました。しかし、日常で毎日使用するには大きな欠点がありました。それは穴が小さいためにすぐに詰まってい、美味しいコーヒは抽出できるが、使用するたびにメンテナンスが大変ということ。

美味しいコーヒを毎日ストレス無く飲んでいただけるフィルタが必要だと思い一念発起。セラフィルターの開発をスタートいたしました。フィルタの穴は、抽出に最適なスピードのサイズに辿り着き、ご縁のある佐賀県窯業技術センターに相談しながら共同開発。ついに微小なサイズの穴を作れる技術を発明し、その後に大きさの調整ができる技術が誕生しました。

この技術が2018年に取得する事となる特許の製造方法を確立します。

1139arita

三河 傑

11代表メッセージ
11代表メッセージ

有田焼の歴史は日本で初めて陶磁器の原料が見つかったことから。2016年で誕生から約400年を迎えました。美術品、食器などが皆様のイメージの「有田焼」だと思いますが、実は多孔質のセラミック製造の技術は昔から続いている有田焼の技術です。工業用製品としても多岐に渡っているのです。

実は30年前から有田焼のコーヒーフィルターは存在していました。しかし、日常で毎日使用するには大きな欠点がありました。それは穴が小さいためにすぐに詰まってい、美味しいコーヒは抽出できるが、使用するたびにメンテナンスが大変ということ。

美味しいコーヒを毎日ストレス無く飲んでいただけるフィルタが必要だと思い一念発起。セラフィルターの開発をスタートいたしました。フィルタの穴は、抽出に最適なスピードのサイズに辿り着き、ご縁のある佐賀県窯業技術センターに相談しながら共同開発。ついに微小なサイズの穴を作れる技術を発明し、その後に大きさの調整ができる技術が誕生しました。

この技術が2018年に取得する事となる特許の製造方法を確立します。

手間がかかる、今までにない手順がある。逆に今まで常識とされていた工程がない。そんな新しい製造方法は職人さんに嫌われてしまいます。専用の道具もない。だから誰もやらなかった。でも私達は世の中にまだないものを作りたい。苦労だって面白い!と取り組んできました。

歴史を紐解くと、良質の陶石を使えることから白く美しく、身分の高い人だけが手にすることができる陶器、それが有田焼でした。熟練の職人が手間と時間をかけ作陶。さらに高温で長い時間をかけて焼くことで割れにくく仕上がる。そのため大変に高価なものに。ただ普段使いしやすい素材がたくさん生まれた現代では、日常生活には合わない部分もあります。残念ながらお持ちでない方、ご興味を持たれない方も。伝統は大切ですが、絶えてしまっては元も子もありません。そんな有田焼を元気にするのも、私達の務めと考えます。

セラフィルターには有田焼伝統の技術が詰まっています。このフィルタをきっかけに多孔質の商品に力を入れて、世界に羽ばたくこれからの有田焼の商品を作りたいと考えています。

私達が辿り着いた、コーヒーの油を落とすのに最適な穴のサイズ。30年前のものは水道水に適したサイズだったこともわかりました。また数十ミクロン調整すれば、ワインにいい。穴の大きさで適した飲み物があることがわかったので、水・コーヒー・お酒に適した穴のサイズのフィルタを開発し、セットで販売する計画も進めています。

また、使い捨てのペーパーフィルターは即ゴミとなってしまいます。たくさん飲めばそれだけゴミが増えてしまう。セラフィルターなら繰り返し使えて環境に優しい。もし日本中、世界中のペーパーフィルターがセラフィルターになったなら。森林伐採、環境破壊、そして地球温暖化に歯止めがかかるかもしれない。今だけでなく未来の日本、世界、そして地球のためにも、セラフィルターを広めていきたいと考えています。

これから作ってみたい製品のアイディアはたくさんあります。多孔質の素材はこれから可能性がある素材と考えており、キッチン用品や食器などに応用していきます。

またバリスタの好みに合わせたフィルタを作って、美味しいコーヒーを世の中に広めるお手伝いもしてみたい。逆にコーヒーはちょっと苦手な方にこそ、セラフィルターで淹れたコーヒーを飲んでみていただきたいです。

手をかけて熟練の職人さんが丁寧に作る有田焼。高級品としてかしこまって使うだけではなく、日常生活の中でも活躍させたい。まだまだ新しい商品を誕生させたいと日々努めています。

1139arita

三河 傑

TOPに戻る